二重整形を受けて理想の目元をゲット【費用相場をチェック】

瞳コンプレックス解消なら

ドクター

日帰りできる目力づくり

美肌やダイエット、または体の中から綺麗になるためのデトックスや腸内フローラを整えるなど、巷にはさまざまな美容方法があります。こうした美容方法はもちろん大切ですが、もっと即効性があってなおかつ効果的な方法があります。それが、二重まぶたです。これは女性的な美の象徴として、日本ではちょうど海外文化の流入期、明治時代あたりから急速に流行を見せるようになり、グローバリズムを背景に一気に定着しました。現在テレビや雑誌で見る女優やアイドルには、ほとんど一重の女性は居ないでしょう。男性でもいわゆるイケメン俳優、アイドルなどは二重の割合が九割を越えています。その理屈は単純、二重は瞳が大きく見え、人間は本能的にそうした人に惹かれるからです。つまり、美の近道は二重になる、ということなのです。瞼をくっつけるノリやアイラインを引くなど二重を作る方法は数ありますが、現在は費用も安くなった整形の人気が非常に高まっています。まぶたの整形は基本的に、まぶたにメスを入れてリフトアップし、その後縫合するという単純なものです。十年ほど前は美容整形に対する認知度の低さ、さらには高額な費用などで抵抗のある方が多かったようですが、技術の進歩や認知が進んだこともあって、現在では数万円ほどの費用で、しかも日帰りで施術を終えることができるようになりました。美容整形によるまぶたの施術は麻酔をかけて行うため当然痛みもありませんし、一度行えば一生続くものですので、毎朝のりなどでまぶたをくっつける必要もなく、結果的に安く済むというのも特徴です。では、二重まぶたの美容整形はどのようなことに注意すべきなのでしょうか。まぶたの施術に関しては、一般的な美容クリニック、美容整形病院などで行っています。基本的には予約制であるところが多いですが、中には当日施術を行ってくれる医院もあります。整形施術を行う際は、医院にもよりますが、まずはカウンセリングから始めるところが多いようです。顔写真を撮影した後、医師と二重まぶたの完成イメージをすり合わせます。この時、なるべく自分の都合をハッキリと伝えるようにしましょう。まぶたにコンプレックスを持っている方は自分に自信のない方が多く、しっかりと希望を伝えられなくて施術後に後悔した、という話も事例としていくつか聞かれます。なるべく自分のイメージを正確に医師に伝え、互いのコンセンサスを取り合うようにしましょう。カウンセリングを終えるといよいよ施術です。部分麻酔を行い、まぶたの局部切開を行います。この手術は早ければ数十分で済むため心身への負担は一般的には低いとされています。リフトアップ等が完了すれば、施術後の顔をしっかり確認してください。二重が落ち着くまで数日かかると言われていますが、問題なければその場で施術は完了です。費用としては、両まぶたの施術で5万円程度が大まかな相場です。健康保険の適応外であるため若干費用はかさみますが、美容ローンを組んで月々返済にできる医院などもあるようです。このように、現在二重の整形は費用的にも時間的にも大変手軽にできるようになりました。まぶたにコンプレックスを抱いている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

Back to Top